新しい広告主を掲載するのは一種の賭けだ

広告の成果表

先日、某ASP担当者からの依頼で掲載した新規案件から成果が2件発生しました。

無条件で特別報酬に設定してもらえたので喜んでその広告主と提携、頑張ってページを作ったら早速売上が発生しました。「これはいけるかも・・・!?」と期待していたのですが・・・。

なかなか成果が承認されないと思っていたら、発生した成果のうち、1件がキャンセルに。残りの1件の成果がキャンセルされたら、広告主にキャンセル理由を問い合わせようと考えています。

個人的な体験ですが、アフィリエイト提携後の成果が、初っ端からキャンセルになる広告主は、長く付き合えない広告主であるケースがほとんどです。)

それにしても、新しく提携した広告主は当たり外れが大きいですね。承認されるところはバンバンいけますが、ダメなところは売上&承認率ともに全然ダメです。

定期的に新しい広告主を掲載していくことが大切ですが、良い広告主はさらに露出を強化して、ダメな広告主はサッと見切りをつける。このバランスが重要なのかもしれません。

アフィリエイトで稼げるか稼げないかは、いかに良い広告主を見つけるかがカギになるので、広告主の見極めはシビアに行いたいところ。

理想を言えば、広告主のサイトや提携条件だけでその広告主が優良か悪徳かを判断できれば良いのですが、実際提携して広告を掲載してみないことには、その判断ができません。

新規の広告主を掲載する場合は、商品紹介ページを書く手間が大変。せっかく頑張ってページを書いたのに、承認率の悪い広告だったら、骨折り損もいいところです。

この点、新規広告の掲載は賭けになるかもしれませんね。儲かる可能性もありますが、手間だけかかって一文にもならない可能性もあります。まぁ、それがアフィリエイトなのかもしれませんが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする