アフィリエイトは更新不要なサイト作りが重要

パソコンのキーボード

アフィリエイトの良いところは、一度人が集まるサイトを作ることができれば、サイトが継続的な収入源になる可能性があるというところです。

自分が作業しようがしまいが、売上は発生して、半不労所得的な収入を得られる。これこそ、アフィリエイトの可能性だと思います。

理想は、月1更新で毎月3万円以上の収入になることです。

個人的に、毎日サイトを更新して月30万円のサイトより、月1更新で毎月3万円のサイトの方が、アフィリエイトで目指す方向が良いと思っています。

なぜアフィリエイトをするのかというと、お金はもちろん、自由な時間を確保するためです。

アフィリエイトで儲かるサイトを作ることは簡単ではありません。毎日コツコツ作業をする必要もありますし、サイトに新着記事を追加することも大切です。にも関わらず、アフィリエイトは一般の仕事に比べ、収入は不安定。

しかし、アフィリエイトで成功することで、お金はもちろん、自由な時間を確保することができます。毎日朝から晩まで仕事をしなくても、好きなことをする時間を確保することができます。

毎日仕事に出勤する必要はありませんし、何時から何時まで、どのくらい働くか、1日のスケジュールを、自分で決めることができるようになります。この自由度は捨てがたい魅力です。

アフィリエイトで成功すれば、「好きな時間を持ってのんびり生活する?そんなことあるもんか!」というような生活が実現可能になります。

「~ねばならない」よりも、「~してもいいし、しなくてもよい」

アフィリエイトは、成功するまで時間がかかりますが、一度価値のあるサイトを作ることができれば、後はそれほど労力をかけなくても、継続的な収入を得られる可能性があります。

これは、作家が著作権収入を得るイメージを想像すれば分かりやすいと思います。一度小説を書くまでは作家は無収入ですが、作品を作ってそれがヒットすれば、その作品がお金を呼ぶ金の種になります。

つまり、一度した仕事が二度三度の収入になるのです。ここが、アフィリエイトの大きな魅力です。今日書いて1ページが、1年3年5年、収入をもたらし続けてくれる可能性になるのです。

しかし、注意点もあります。

やり方を間違えると、「毎日サイトを更新しなくてはアフィリエイトの売上を保てない」ということも。それでは、ほかの労働と同じようなものです。アフィリエイト(ネット)の特性を生かしているとは思えません。

趣味で好きなことを気ままに書いていくようなブログなら、毎日更新でもOKですが、ビジネスとして取り組むアフィリエイトサイトなら、できる限り更新不要で、手間がかからず収益を生み出すサイトにしたいもの。

そして、アフィリエイトの特性を活かし、自分の時間を確保して、したいことをする時間をタップリ持ちたいもの。

更新があまり必要のない、手間のかからないサイトを作ることができれば、そのサイトを足がかりに、どんどん新しいサイト(新しい収入源)を増やしていくことができます。時間の余裕もできるでしょう。

「いかに更新不要のサイトを作るか?」は、アフィリエイトをしていく上で大切な考え方です。

更新が必要なサイトと不要なサイト

では、具体的にどんなサイトがいいか。それはずばり、情報の新陳代謝が起きないいわゆるロングセラー商品の多いジャンルです。

そのジャンルを見つけ、そのジャンルの情報を分かりやすく整理し、プラスアルファを加えればOK。数年もすれば、そのジャンルの老舗サイトとして認知されるようになります。

例えば資格系。資格取得の講座の市場はほぼ成熟しており、あまり大きな変化がありません。このようなジャンルは、あまりサイトの更新が必要ないので、管理が楽です。

注意したいジャンル

次に注意したいのが、更新が必須なアフィリエイトです。具体的にはこちらのジャンルです。

・ニュース、ゲーム情報サイト

毎月最新情報、最新商品が出るようなジャンル。毎日更新が必要なので、つねにパソコンの前にいる必要がある(古い情報のサイトは淘汰されてしまいます)。

・パソコン

新商品がすぐに出るため、常に新しい商品を紹介していかなくてはいけないので、頻繁なサイトの更新が必要。

パソコン関連は比較的売れやすいので儲かりやすいのですが、このジャンルに興味がないと、サイトの更新が苦痛になります。)

・FXの口座

競争が激しいため、業者がしょっちゅうスペックを変更するので、頻繁に商品紹介ページのスペックを更新せねばならず、手間がかかる。

・ブログ全般

運営者のカリスマ性、話題性で人気が出るタイプのアフィリエイト。大量のPVが稼ぎ、アマゾンや楽天アフィリエイトとも親和性が高い。

ただ、毎日ブログの更新が必要なので、自分がつねに記事を書き続けなければいけない。のんびりアフィリエイトができない。

ただ、物書きとして知名度を得たい場合、単純に書くのが好きでブロガー志向の場合は、あえてブログでアフィリエイトに挑戦するのもあり。

以上、更新が必要なアフィリエイトサイトのジャンルをパッと挙げましたが、アフィリエイトは参入ジャンルによって、更新の手間が増えてしまうものもあります。

手間をかけるのはサイトを作る時だけにして、手間のかからない&かつ定期的なニーズがあるサイトをいくつも持つのが、アフィリエイトのメリットを生かすポイントです。

「いかに更新しなくても売上が発生するサイトを所持するか?」

この視点を意識して、サイトを作るのが重要になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする