アフィリエイトで暮らしている私がアフィリエイト収入の話をしない理由

秘密だよ!

先日、私がよくアクセスするとあるサイトを見ていると、コメントを書き込んだある人が、

「この管理人はアフィでお金をもらってるのにコメント管理もちゃんとしない。お金儲けしか興味ないんだな・・・。」

とサイト管理人に粘着して批判していました。

批判の正否は別として、この類のユーザーの心理を理解しておくことは、長くアフィリエイトを続けていく上で、重要なことだと思います。

人にお金の話をするということ

自分と同じ(ように思える)のサイト管理人が、サイトでアフィリエイト広告を貼りお金を手にしている。

それに対して、ネガティブな感情を持つ人が一定層いるのは事実。反感を持つ人もいるということは、意識しておいた方がいいかも。

私の場合、リアルでもネットでも、「アフィリエイトで○○万円稼いでいる」とか、その手の話は一切しません。それが、たとえ仲の良い友人であっても、です。

良くも悪くも、お金の話は、ネガティブな気持ちを持つ人を引き寄せる原因になります。しかもそれが、「頑張ってこれだけ稼いだ!」というような勉強になる話でも、往々にして批判される対象になります。

アフィリエイトはその対象になりやすく、相手のネガティブな感情を刺激し、ひどい場合は、それによって、足を引っ張られる可能性もあります。

メリットよりデメリット

上手くいっているサイトを自慢すれば、税務署に連絡されるのは可愛いもので、公開先のメルアドを迷惑メールに登録されたり、変なスパムサイトに登録する嫌がらせをされたり、いろいろ面倒なことが起こる場合もあります。

よく、「アフィリエイトで○○万円稼いだ△△のブログ」など、自分の収入を毎月ブログで報告する人がいますが、個人的にはすごい勇気のある人だなと思います。

アフィリエイトの情報商材を貼っている人や、炎上商法で注目を浴びたい場合はのぞいて。

私の場合は安全第一で、自分の顔を売るつもりもないので、実績を大声で示す必要がない限りは、ひっそりとサイトを運営していきたいと思っています。

収入を公開するメリットとデメリットを天秤にかければ、アフィリエイトの情報商材を販売する場合、アフィリエイト塾で儲けたいとき以外、自分の収入や運営サイトを公開するメリットはほとんどないと思います。

「私はこれだけ稼げた!」とネットで公言する行為は、お金に対してネガティブな人を引き寄せ、面倒事を引き寄せるデメリットの方が大きいと私は考えています。

アフィリエイトで儲けるにしても、「え、このサイトがガンガン儲けてるの?」というような、目立たない、しかし確実に成果を出すサイトで儲けるのが理想的。

ページランク0で、あまり目立たない、しかし利益は出ている。そんなサイトです。そういうサイトは、アフィリエイトに批判的なネガティブな影響を引き寄せることなく、確実に収入アップに貢献してくれます。

理想はひっそり稼げること

何かまとまりのない文章になりましたが、最近になって私が理解できるようになったのは、なぜ成果を出しているアフィリエイターが、自分のサイトを人に教えないのか、ということです。

昔、あるアフィリエイターのブログをよく読んでいたのですが、その人がこんなことを書いていたと記憶しています。

「アフィリエイトで上手くいき、それを自慢すると、いろいろ面倒なことが起こる。だからアフィリエイトの収入を自慢したり、上手くいっている自分のサイトを公開したりしてはいけない。」

アフィリエイトはビジネスなので、サイトを公開するということは、大げさに考えれば、ビジネスの機密情報を公開するリスクにつながります。だからこそ、危機管理に敏感になれというところでしょうか。

頑張って稼げるようになって、それを誰かに知ってもらいたいというのが人情ですが、無防備に収入を話すのは、不用心。多少の警戒心は必要かもしれません。

もやっとした書き方になりましたが、多分、ピンと来る方にはピンと来る話だと思います。ビジネスは安全第一。長くじっくりやっていきたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする