アフィリエイトの宿命?運営ブログの記事をパクられたときはどうするか

著作権侵害報告

メールボックスをチェックすると、ワードプレスからトラックバックのお知らせが。

「どんなブログからトラックバックされてるんだ?」リンク先をチェックしてみると・・・。なんと私のブログの記事を丸ごとコピーしているブログではないですか(驚愕)

今まで、運営サイトの記事を丸ごとコピーされた経験はありますが、自分からパクった記事をトラックバックしてくるような正直な人(笑)は初めて。この方は多分初心者さんで、著作権とかパクリ意識とか、罪の意識が全くない方の模様。

人の文章をコピペしてそれをトラックバックで自分から知らせてくれるなんて、なんて素直な人なんだろう(笑)。世の中には、いろんな人がいますねぇ。

まぁ、こんなパクリストさんは例外として、アフィリエイトをしていると「私のこの記事、パクられてる!?」という経験をすることになると思います。

世の中には、どうしても他人の財産を利用して儲けようとする安直な方がいて、パクった方への対処はどうしても必要になってきます。パクリサイトが本サイト扱いされて実害が出たら最悪なので、芽は早めに摘んでおくにこしたことはありません。

(私の場合、全サイトにウェブマスターツールとグーグルアナリティクスを搭載しているので、その心配は少ないと思いますが念のため。)

パクる人にはこう対応する

では自分の記事がパクられたときはどうするのか?

一般的には、パクった人にメールで「私の文章パクってますね、すぐに削除して下さい」と警告したり、サーバー会社に問い合わせたりするのが一般的だと思います。が、私はそういうのは面倒なので、直グーグルに著作権侵害の削除を要請しています。

URL:https://www.google.com/webmasters/tools/dmca-notice?pli=1&hl=ja

こちらのURLにコンテンツの剽窃を通報すると、グーグル先生がさっくりパクリページを検索結果から削除してくれます。

削除完了通知

どんなパクリ記事であれ、グーグルで表示されなければネットで存在しないも同じ。なので、人の文章を丸ごとパクるような人にわざわざメールして警告して面倒な思いをするより、そっちの方がてっとり早いです。

ちなみに悪質なパクリサイトの場合はASPにも連絡しておきます。そうすることで、人の文章をパクってアフィリエイトするような輩は、ASPから睨まれ、最悪退会処分になります。

いずれにせよ、サイトやブログが育って来て、ある程度アクセスが集まってくると、それをパクる輩が出てきます。それを防ぐことは難しいと思います。多分、それはどうしようもないです。

もちろん、右クリック禁止とか、文章をパクられないようにする方法はありますが、それをすると、一般の利用者に不便をかけることになり、サイトのユーザービリティーを損ねてしまいます。

なので、パクリ対策に気を遣うよりも、パクられてそれに気がついたときはさっさとグーグルに報告、パクリサイトが表示されないようにしてもらえば、それが一番実用的な対策だと思います。

人は変えられない、だから

自分が書いた記事が一瞬でパクられてしまう。これに関してはまぁ気分が良いものではないです。

が、世の中にはいろんな人がいます。ルールを大切に守って地道に努力を重ねて栄光をつかむ人もいれば、「自分さえ良ければいいんだ!」「楽して稼ぐぜ!」とばかり、安易な手段を選ぶ人もいます。

清濁混じるこの世界、良い人もいれば悪い人もいます。その環境を変えることはできません。

人の記事を平気でパクる人に「パクリはダメですよ!」と正論で注意して、人間性の改善を期待することは現実問題、効果が薄いことだと思います。

だからこそ、大切なのは自分のすべきことをすること。

自分の権利は主張しつつ、すべき対応を迅速に。そうすれば、実害は最小限で済みます。パクリストの方もいつか、コピペブログでは稼げないことに気がつくでしょう。

アフィリエイトをしていると、本当にいろんなことがありますが、何事も余裕を持ちたいものですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする