サイトが安定してくるとアクセスはそう変動しない

2016年、新年スタートということで、所持サイトの現状分析。

グーグルアナリティクスでアクセス数の変動やキーワード分析等をしていると、不思議なことに気がつきます。

私のサイトのクセなのかもしれませんが、一度アクセスが上がったサイトは、放置サイトでも比較的アクセス数の変動が小さいことに気がつきました。

・ページ数900ほどの稼ぎ頭のサイト(2015年前半部はほぼ放置、後半から3日に1度更新ペースへ)

アクセス推移1

・ページ数10ほどのサイト(ほとんど放置、月1更新するかしないか)

アクセス推移2

・ページ数3のペラサイト(放置、半年に一度更新するくらい)

アクセス推移3

この傾向は、ページ数が多いサイトも、そうでないサイトも、この傾向はどうやら同じのよう。

アフィリエイトは、毎日更新を続けたほうが良いのはそうですが、でも、理想は、放置して月1更新でもがっちり稼げるのが理想的。

そこで、個人的には、毎日更新する必要がないアフィリエイトサイト作りを目指してきました。

この点、アクセス数の変動が少ないサイトができたということは、ある程度、その戦略が上手くいっているのかなという感じです。

ここ数年、というかアフィリエイトを始めて一度も、検索エンジンの変動を食らったこともないので、その点は運がいいのかもしれません。

ポイントは「検索されるキーワード」+「がっつり記事を書く」

では、グーグル神の機嫌をそこねず、アクセス数が変動しないためにどうやってサイトを作るのか?

「100%これが正しい!」というやり方は正直分からないのですが、自分のサイトを分析してみて、

1・相互リンク0でOK、余計なSEO対策はしない

2・キーワード重視、狙った言葉でがっつり記事を書く

この2点が重要かなと思います。

今や、アフィリエイトサイトは、きちんと記事を書いていれば、放置していても、時間差でジワジワ、アクセスが獲得できるようになりました。

ページランクは0のままですが、ページランクはアフィリエイトの稼ぎと全く無関係なので、そこは気にせず、まずキーワードを意識して、文字数が多い記事を書くことが何より大切なような感じがします。

そうすれば、時間はかかるものの、ジワリジワリ、時間差でアクセスが増えていきます。

一昔前は、相互リンクやら面倒な作業をしないと、なかなかアクセス数は増えていきませんでしたが、この点、昔に比べると、今は本当にアフィリエイトがしやすくなりました。

ネタ、キーワード次第では、本当にアクセスが稼げます。もちろん、ライバルも増えてアフィリエイトで簡単に結果が出せないのは相変わらずですが、やり方次第、工夫次第で結果が出せるのは、試行錯誤のやりがいがあります。

特定のキーワードで記事が上位表示され続けていれば、サイトのアクセスがブレることはあまりありません。アフィリエイト広告もOKですし、アドセンスでクリック収入を狙うこともできます。

結局はグーグルでサイトが上に表示されることが、稼ぐことに近づく道だと思うので、そのやり方をいろいろ工夫していく必要がありそう。

アクセスが安定すると、精神状態も良いです。長い目で、安定して稼げるサイトでアフィリエイトしたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする