2018年8月グーグルのコアアルゴリズムアップデートの結果

スマホでアクセス数をチェックして驚愕する男

2018年8月。業界的に非常に大きなニュースがありました。それが、グーグルのコアアルゴリズムのアップデート。それにともなう、検索結果の大変動。

まず結論から言って、個人的に大打撃を受けたわけではありませんが、全体的にPVが10%〜20%減少。先行きを楽観視できない状況になっています。

はじめに

思えば2017年の9月

グーグルの変動やサイトのSSL化などによって、主力サイトが打撃を受け、長らく収益が30%減少する事態が続き、こつこつサイトを改善。

その結果、2018年3月からは状況が上向き、4月5月6月7月と、好調な状態が続いてきました。

ところが今回、8月のアップデートで、また先行きが分からなくなってきました。

今日までに発生している8月の売上的には決して絶望的な状況ではありませんが、これからどう転ぶか分からない状況。

決して油断できない状態だと感じています。

アクセス半減の被害も

そのほかの被害としては、2013年の開設以来毎日更新してきたブログのアクセスが激減してしまったこと。

これは、収益的に対して大きくないので影響は少ないですが、運営サイトは基本的にどれも、軽微であれど、アクセス&PVに影響を受けています。

個人的に残念だったのは、今まで順調に成長し、ようやく月間12万PVにまで伸びたアドセンス狙いのサイトのアクセスが9万PVにまでダウンしたこと。

毎日更新し、記事数を追加してきてアドセンスの収益もなかなか。

この調子でぐんぐん育ってくれれば安心だったのですがまぁ人生、何もかも順調にはいきませんね。

変化に適応できる自分になる

今回の件で改めて思ったのは、今後はもう、サイトをひたすら大きくしていく。記事を毎日追加していく。

そういった、今までのやり方が通じない時代がやって来ていることを実感しています。

そのため、新規記事をどんどん追加するよりも、SEO的にマイナスになる可能性がある要素。

たとえば、低品質の水増しページだったり、誰も読まないような記事であったり。そういうものをきちんと整理削除、もしくは加筆修正する。

そういった、サイトそのものの質を高めていく必要性を感じています。

なので、環境に適応するためにはまず、自分自身のアフィリエイトの取り組み方を変えていく必要性を実感しています。

今はまだ食っていける。収益は確保できている。しかし未来永劫それが続く保証は全くありません。

その当たり前のことを、改めて実感しています。

大きく飛ぶ前に低くかがむ

それにしても、ここ数年、グーグルの変動の影響力の大きさはすごいなぁ、という印象。

ジャンルによってはアップデートに完全にお亡くなりになられたジャンルもあるみたいですし、アフィリエイトそのものが、これからどうなるかはわかりません。

とはいえ、問題があれば解決策あり。

ピンチはチャンスで、常に成長の余地はあります。むしろ、環境が厳しくなればなるほど、そこで生き抜こうと必死で努力するようになります。

ということで今回の懸念をきっかけによりよいアフィリエイトの取り組み方を模索しています。

その結果サイトの修正やら何やらで、忙しい日々になっていますが、できることは何でもする。脳に汗をかき知恵を出す。

そしてこれを機会にさらに一皮向けて成長する。そのことを強く感じている次第です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする