2019年は最後の最後まで激動だった件

年末の富士山

いよいよ、2019年もあとちょっと。

控えに目に言っても、2019年は本当に、激動の1年でした。まさにそれは大変化と言ってもいいくらい、「環境」の影響力を、否が応でも実感させられた1年でした。

まずグーグルの変動。

3月6月9月、そして12月と、頻繁に検索順位の変更あり。個人的にはアドセンスメインで頑張っていたサイトの一つが3月の変動でアクセス10分の1→9月に3分の2まで復活というジェットコースターを体験。

グーグルのさじ加減で、サイトのアクセスはどうにでも変わってしまう現実を体験することができました。

影響が大きかったのはやっぱり

とはいえ、個人的に最も大きな影響を感じたのはアップルのITPです。

メインの稼ぎとなっているサイトは変動によってむしろアクセスアップ。PV、クリック数、検索順位も1年を通じてノープロブレムな状態を維持することができました。

しかし、1年の売上を広告のインプレッション数やクリック数、CTR、CVRのデータを見てチェックしていくと明らかに、一時期のみ「この時期は成果が測定できていませんね?」という時期を確認することができます。

数字を見て調査すれば明らかに、「不自然」としか言いようがありません。

12月も不明な期間あり

その他、不明瞭なのはITP以外の要因です。

売上が下がる要因がないにも関わらず、なぜか成果が発生しない時期あり。12月にも最後、6日~11日、成果が不自然に発生しない時期がありました。

こんなに長期間、アフィリエイトの成果が出ないのはここ5年で初めてのこと。

ITPの問題だけでなく予算の関係など、いろいろ大人の事情もあるかもしれませんが、何にせよ2019年は本当に、いろいろ勉強させていただいた1年になりました。

もちろん、増税などもあったので、景気の落ち込みは原因としてあるかもしれません。でもそれはちょっと、違う気がします。

目標は収入の複線化

ということで、2020年はアフィリエイトによる収入を40%程度に押さえることが一番の目標。固定契約や自分のビジネスなど収入の窓口を複線化。

必要なお金を稼ぎつつ、もっと精神的に穏やかに暮らせる日々の実現したいと思っています。

サイトのアクセスは問題なし。インプレッション数やクリック数も問題なし。CVワードでの順位もそのまま。なのに発生しない。こんな時期はモヤモヤしまくります。

アフィリエイト歴は長いですが、2019年は不可解な状況が一時的に何度も起こりました。アフィリエイトは継続しますが、やはり「変わるべきタイミング」が来ているのだと思います。

最後に

ということで今後は脱アフィリエイト。

変化に抗わず、変化をチャンスに変えていく。これからはいろいろ挑戦の連続です。ということで2019年はこれにして終了。

2020年は2019年より、心安らかに過ごせる日々を実現できますように。でも何があっても全ては変化の過程。

最後にはなんとかなると、楽観的に思っています。まぁ人生、いろんな道がありますからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました