グーグルの変動にITP2.3。アフィリエイトはどこに向かうのか?

物思いに耽る男

2019年9月、またまたアフィリエイト業界で看過できない大きな外的環境の変化が起こった模様。1つはグーグルの変動。そしてもう1つは、ITP2.3。

グーグルの変動でアクセスに影響。そしてアップルのITP2.3でトラッキングに影響あり。2019年は本当に激動としか言いようがない、大きな変化が起こり続けています。

ほんとうに、一寸先は闇、という状況としか言いようがありません。

ITPは変えられない環境になった

個人的には2019年3月の段階で、アフィリエイト以外の選択肢を模索。

その結果、ITPの影響に人生を左右されない状況に到達しつつありますが、アフィリエイトメインで頑張り続けていたら今頃どうなっていたか。考えるだけで恐ろしいくらいです。

よくよく考えてみれば、成果が発生しているはずなのに発生になっていない。そんなおかしな状況が続くこと自体、アフィリエイトという仕組みのあやふやさを考えざるを得ません。

計測漏れ以外にも承認率の話とか、いろいろあります。

何にせよ変わるべきときが来たという話で、自分の稼ぎを自分で何とかするために、収入におけるアフィリエイトの割合を、今後更に少なくしていくことを継続したいと考えています。

漏れで損をこいた経験はほんと、自分の不勉強を責める他ありません。「おかしいぞ?」と思った段階で即動けば良かったと、今でもくやしい思いをします。

グーグルについて一言

ちなみに気になるのがやはりグーグル。3月以降、6月8月といろいろ変動がありましたが9月にも大きな変動があった模様。

幸い、メインサイトは影響が出るところかアクセスが増えた状況ですが、2014年くらいから頑張り続け、一時期はアドセンスががっちり稼ぎたかったサイトがいよいよPV月3万を切った感じ。

そのほか、アクセスダウンしたサイトもありますが、それは収入とは関係ないので、実質的なダメージは特にない感じです。

とはいえ、グーグルも安定志向というか、信頼性や権威性重視の動きが続いているので、名無し+アフィリエイトで稼ぐのは、厳しいと感じています。

最後に

思えばもう10月も終わり。2019年は激動としか言いようがない、変化の1年でした。

さすがに2019年はもう、大きな変動はないと信じたいですが、安心という言葉が存在しないのがウェブという世界。何が起こるかは、誰にも分かりません。

何にせよ大切なのは今自分ができることに最善を尽くすこと。今目の前に道がふさがって、別の道が見えたならば、その道を進むだけ。

「○○したい!」という自分の希望はそれとして、目の前に用意された現実を受け入れて、最善を尽くすのみ。

最近強く思うのは、アフィリエイトで稼ぐにしろ別の選択を選ぶにしろ、結局は生き方の問題である、ということです。

つまり2019年のいろいろな出来事を契機にして、生き方そのものを見直す機会が与えられたと考えています。

ということで、起こったことは是非もなし。今はただ、前進あるのみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする