今起こっていることはアフィリエイト云々の問題を超えている話

驚きを隠せない男

世の中がすごいことになっています。

「今回のウィルス騒動をきっかけにして、世界的な恐慌がやって来るのでは?」とメッセージを発信されている方々の情報を目にする機会が多いですが、最悪を想定するなら。

今これから起こっていることは完全に、アフィリエイト云々の問題ではありません。もはや、生き方そのものを見直す機会になることを強く、予感しています。

売上に影響あり

まず結論からいって、自分の状況としては、アクセス数やPV数が変わっていないものの発生している売上に関しては3月1日〜22日時点で前月比40%ダウンしている状況です。

とはいえ、この原因はさすがに自助努力云々の範疇を超えている状況で、最悪を想定するなら、今後少なくとも数ヶ月。最悪1年くらい続く見込みで、これからのことを考えている状況です。

なにせ、いろいろ情報を集めていると日本の景気は今後、政府による大きな財政出動でもない限り、楽観的に状況を注視できない事態が訪れる可能性が高そうです。

現時点(3月22日時点)では飲食や観光などの分野で大きな影響を受けている方が多いですが、それらは今後、様々な分野に影響していく可能性が高いと思っています。

当然、ネットでの購買・申込みに影響が出ないと考えることは難しいと思っています。

問題は1年、2年先のこと

あまり大げさなことを言うのはあれですが、どうやら今後これから日本で起こっていく状況は、そうかんたんに現状が改善されることを期待するのは難しいと感じています。

情報を発信されている方のなかには、「1929年の世界大恐慌以上の大変動がやって来る」と言っている方もいます。そして、国民の多くの収入が20%〜30%。なかには半減する、と想定している方もいます。

現時点でそれは決して恐怖を煽っている発言ではなく、実際にそうなる可能性はあるのではないか、というのが3月に自分が肌感覚で実感している状況です。

幸い昨年より獲得した契約からの固定報酬や今までの貯金があるのでしばらく、今すぐ緊急な対応が必要な状況ではありませんが、最悪アフィリエイトからの収入がゼロになる可能性を否定せず、これからのことを想定しています。

最後に

おそらく5月のGDP発表はとんでもないことになりそうですが、とんでもない時代がやってきたな、というのが感想です。

一般的な案件でさえ明らかに反応率は下がっていますし、特定の着地点の案件などは、やはり状況が状況なだけに、発生がぴたりと止まっている状況。

今後政府の対応がどうなるかはわかりませんが、今個人としてできるのは、生活の継続。出費を切り詰めつつ今後の流れを注視し、状況及び身の振り方を真剣に考えなければ、と感じています。

それにしても1月は好調で「これから良くなるぞ!」と思っていた矢先3月の状況。結局個人の運勢など、世の中の流れには逆らえないものです。とりあえずはここ数ヶ月。世の中がどう動いていくのかを、注視しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました