アフィリエイトは5年先のことを考えてサイトを作る

田植え

アフィリエイト収入アップのため、人材派遣・転職関連(医療系)のジャンルのアフィリエイトサイトを作成。新規ジャンル開拓に力を入れています。

理由は、

1・季節によって成果発生に流動性があるが、ニーズが途切れることはない。

2・参加している広告主が多い市場なので、広告主撤退によるサイト作り損のリスクが小さい。

3・この分野のテーマやユーザーの悩みは不変。一度サイトを作っておけば、基本放置で稼げる。

この3つです。

特に重視しているのは、3の放置で稼げるか、という視点です。

私の場合、流行りモノというか、頻繁にサイトの更新が必要になる分野のアフィリエイトは、基本的に避けています。

頻繁にサイトを更新する必要がある分野は、1年後、3年後、5年後、市場がどうなっているか、予想不明です。だから、作ったサイトが丸ごとムダになるのは一番避けたいところだと思っています。

基本的にアフィリエイトは長期勝負。

流行り廃りがある分野に参入して稼ぐのは商才やセンスが必要です。私の貧しい才覚では無理。そのため、今後もずっと市場が残るような、息の長い分野で、マイペースにアフィリエイトしています。

人材関連、仕事系の分野は、今後資本主義が続いて働く人がいる限りは何があっても残り続ける分野だと思うので、参入してサイトを作る意味があるのかな、と考えています。

自分に向いたやり方が結局は一番続く

また、個人的に一番重要視しているのが、アフィリエイトで稼ぐためのサイト更新の必要性の有無です。

人材関連、仕事系の分野は、いちいちサイトを頻繁に更新する必要がありません。

あるとすれば、新規の広告主の掲載くらいで、基本、転職や仕事の悩みは、普遍的なものです。なので、キーワードを考えて、一度サイトをきちんと作っておけば、サイトの更新に手間がかかりません。

個人的には、アフィリエイトサイトを作るポイントとして、ある程度放置(更新は週1くらい)しても稼げるのが理想

頻繁にサイトをメンテナンスする必要がある分野、記事を追加する必要がある分野は、労力と稼ぎの費用対効果の面で、自分には向いていないと考えています。

「サイトを作る→収穫を待つ→稼げるようになるためにサイトをいろいろ修正→成果が発生し出す→様子を見る→稼げていればあとは定期更新で基本放置、上手くいかなければキーワードを練り直し」

このような具合、いかに日々のサイト更新に力を取られないかが、アフィリエイトの重要なポイントだと考えています。

この理由で、頻繁にサイトを更新する必要のある2chのまとめ系のサイトには手を出していません。)

実際、半年間に人材・仕事系のサイトを4つサイトを作成。

サイトを公開後、稼ぎの面で上手くいき出したサイトは、ほぼ放置(更新は月1、作業時間は15分ほど)でも、毎月稼ぎが出るようになり、収入アップに貢献するようになってくれました。

現時点で結果が出ていない稼ぎになっていない残りのサイトも、後々の収穫を期待。時折記事を下記おなし、キーワードを修正。基本的にはほとんど更新せず、放置で運営しています。

上手くいきだしたら面白いのがアフィリエイト、だからこそ

マイペースに取り組んでいて、我ながらのんきなのかもしれませんが、焦らず、余裕を持つことが、案外重要だと個人的には思っています。

というのは、アフィリエイトの収入は元来不安定ですが、反面、狙いと更新の手間などのやり方を考えてサイトを作れば、ほとんど労力をかけなくても、しっかり稼げるようになります。

まぁ、いつ上手くいくか、安定した収益性が予想できないのが難しいところですが、いくつかの種を蒔いておけば、それがやがて実になっていきます。

基本的に、アフィリエイトは長期で稼ぐ仕事。

毎日更新、手をかけなくてもよいように、伸び伸びと育ってくれるサイト作りを心がけ、アフィリエイトに取り組むことが大切で、「いついつまでに必ず結果を出そう!」と力んでも、ストレスや不安になるだけだと思います。

そこで、アフィリエイトのサイトを新しく作るときは、長い目で見て続けられそうかを考えることが大切だと思います。

サイトを作っていくにしろ、「この分野は5年後も稼げる分野なのか?」という視点を持つと、サイトを作る労力がムダにならないと思います。5年後も続いていそうな分野なら、コツコツ続ける努力がムダにならないからです。

成果が出るのに時間がかかる。稼げるかどうかも不明。それなら、長く続けれれる分野、流行が関係がない分野で。個人的に、アフィリエイトを続けていくなら、マイペース、長期的な視点が大切ではないかと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする