2019年3月のグーグル大変動でアフィリエイターに深刻な影響あり。生き残る道は?

アクセス解析を見て仰天

すでにネットの世界では大騒ぎされている2019年3月12日から実施されたグーグルのコアアルゴリズムアップデート。

あまり不安をあおるようなことは書くのは不本意ですが、いよいよ、アフィリエイト業界において一つの大きな転機がやって来たことを否定できない状況になっています。

そこで、まず今回のアップデートでどのような状況になっているのかを分かりやすくまとめた上で、今後、生き残っていくために私が考えていることをご紹介します。

はじめに

どんなときも忘れてはいけないのは、ピンチはチャンスであるということ。変化が起こったときに大切なのは、それが自分の人生においてどんな意味があるのか。

そのメッセージを、正確に受け取ることです。

私の場合、今回実害を受けたのはアドセンスのメインで頑張っていたサイト。2018年8月のアップデートによってアクセスが4分1減少でアドセンス収益激減。

その後、サイトを丁寧に運用。努力が実を結び、アクセスが持ち直してきたと思ったら、今回の変動でさらにPV半減。アドセンスメインの収益を大きく伸ばすという目標は大きく頓挫した状況です。

幸い、メインの稼ぎサイトはアクセス変化なし、もしくは微増という状況。ただ、こちらのサイトも一連のコアアルゴリズムアップデートによって、徐々に売上が下がっている状況です。

平時なら3月の今の時期、収益がグングン伸びていく時期に入るのですが、売上は伸びず停滞中。

貯金を崩さず生活していくための収益を確保することはできていますが、今後アフィリエイトだけに依存していたら高い確率で詰む未来が予想されます。つまり楽観視できる要素は何一つ、ありません。

今回のアップデートで一番衝撃だったこと

ということで、3月12日のグーグルの変動でどのような影響があったのか。

しばらく情報収集に専念していたのですが、今回、アフィリエイトの未来に希望が持ちづらい決定的な理由があります。

それは、どんなに良いサイトでもターゲットになれば見事にふっとばされるということ。

すなわち、ちまたで言われている、「ユーザーの役に立つ記事さえ書いていれば、グーグルに評価され、アクセスが集まり、稼ぐことができる」という幻想の終焉です。

twitterなどでアップデートで被弾した方の情報をチェックしていると、名だたる有名なアフィリエイターの方も多く、大きな影響を受けている現実を知ることができます。

具体例を挙げることは差し控えますが、「このサイトはどう見てもスゴいだろう。ユーザーの役に立っているだろう」というスゴいサイトでさえ、見事にアップデートで影響を受けた模様。

「良い記事を書いても、素晴らしいサイトを作っても、飛ばされるときは飛ばされる」

この事実はしっかりと認識しておく必要があります。

個人アフィリエイトは厳しい状況に向かっている

更に悪いニュースを付け加えるなら、あるジャンルにおいては完全に個人アフィリエイターが結果を出すのはますます厳しい状況になっています。

そして今後は、あらゆるジャンルにおいて現在の方向性を強化したアルゴリズムが適応される可能性が十二分にあります。

つまり今安心で比較的影響を受けていない場合でも。

今後、個人アフィリエイター。ブロガーにとって、極めて厳しい現実が待ち構えていることは、覚悟しておいたがいいかもしれません。

今回のアップデートで致命傷を負わなかったとしても。グーグルがこの方向性でよりアップデートを重ね、順位を変動させていくとしたら。

楽観的な未来を描くことは、極めて厳しいと言わざるを得ません。

アフィリエイト業界は転機を迎えている

一つ言えるのは、今2019年この時代は、アフィリエイトビジネスそのものの、転換期を迎えているということです。

ASP社員さんのなかにも退職して新しい仕事を見つけている方がいることを個人的に知っていますが、それはアフィリエイターも同じ。

マンパワーを結集でき、かつ資金が豊富な法人であるなら、まだまだアフィリエイトで良い思いができるでしょう。

では、マンパワーもない、個人が、資金も人も打つ手な豊富な法人に太刀打ちできるか?冷静に判断して、極めて難しい問題であることは確かです。

だからこそ、我々個人でアフィリエイトで稼ぐ場合、これからは今までのアフィリエイトの考え方そのものを変えていく必要があることを実感しています。

生き残りの方法は?

では、どうやってこれから生き残っていけばいいのか。それはただ一言。アフィリエイトにこだわらない、ということです。

優れたアフィリエイターは、優れたサイトを作ることができます。そこに人を集めることさえできれば、そこで何か収益を発生させることはできます。

ということで、私自身、今後アフィリエイトでまだ収益があり生活費を稼げているうちに、次の打ち手を打ち、自分自身を大きく変化させていくことにしています。

そのため、もはや毎日記事を追加するとか、「今まで当たり前」と考えていた作業をストップ。別の方法を実践していく作業を始めています。

その件については、ある程度結果が出次第、詳細をこのブログにて正直に公開していく予定です。

個人が生き残る原則

ポイントは、アフィリエイトにとどまることなく、ファンを作って「自分で」仕事を作っていくのです。

○○さんが言うから。○○が書いた記事だから。ようは、ネットで個人ブランドを作っていく方向に特化していくことで、生き残りの道が見えてくるという話です。

なぜなら、今までアフィリエイトサイトで集客ができたということは、人を集客する能力があるということ。

人さえ集まれば、別に人の商品を宣伝する必要はなく、自分のビジネスを紹介して収益を稼げれば、最悪アクセスが10分の1になっても、食べていくための収益を確保する仕組みを作ることができます。

ようは、グーグルは必ず変動するので、変動することを前提にしてウェブでの集客をグーグルに依存しないように工夫。誠実かつ求められる自分ビジネスを作っていく、ということです。

もちろん私が言っているのはうさんくさい会員制のビジネスとか、アフィリエイト商材紹介とか、アフィリエイト塾とか、そういう話ではありませんので、あしからず。

私が今誰かにウェブビジネスを紹介するなら、アフィリエイトをおすすめするのはかなりためらいます。

不可能ではないかもしれませんが、明らかに成功の難易度は昔より格段にアップしているので。

最後に

ということで、今までアフィリエイトでガッチリ稼げていたにも関わらず、今回影響を喰らって未来に希望が持てなくなっている方は、むしろ新しい変化を起こすタイミングが来たと、肯定的に考えてはいかがでしょうか。

アフィリエイトはいつでも継続できます。あなたには今までサイトで稼げた経験があり、サイトを作る過程で、そのジャンルの様々な知識。ノウハウを得たと思います。

察しのいい方はピンと来たと思いますが、そう、そこにこそ、新しい自分のビジネスチャンスが隠されています。

そうすれば、アフィリエイトで広告主の商品を紹介し、コミッション収入を受け取るよりもっと大きなチャンスを、見つけることができるかもしれません。

変化はときに自分の望むとおりの結果を引き寄せません。

しかし起こることに意味があります。変化が起き、自分が変わるときを知ったなら、恐れず自分を変えていきたいものです。

ヒント

グーグル依存のSEOでのアフィリエイトで生存することは今後難しくなる見込みあり。

そこで今後ウェブで収益を稼ぐためにはグーグルに依存しないファン作りが重要。ようは◯◯さんだから買う、◯◯さんのブログだから読むといったファンを創ること。

そのさい取り組むべきは、根拠のないアフィリエイト商材の販売や情報販売など、そういう仕事にあらず。

サイトを作る過程で身につけたそのジャンルの知識や業界情報を活かし、本当に自分のサイトの読者が悩んでいること。求めていること。喜んでもらえることを自分ビジネスの種にする。

「アフィリエイトサイトを作って見込み客を集客できた」経験と知識を、新しい方法で生かしていく。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする