amazonアソシエイトの報酬引き下げで思うこと

メールボックスを開くとamazonから次のようなメールが。

アマゾン規約変更

内容は、一部ジャンルのアフィリエイト報酬額を引き下げるというもの。

・PCソフト→3.5%~8%から2%に
・おもちゃ、ホビー→3.5%~8%から2%に
(Kindleは含まない)→3.5%~8%から3%に

どれも、amazonアフィリエイトでは比較的取り組みやすいジャンルが集中的に報酬が引き下げられています。今回のアフィリエイト報酬の引き下げで、一部サイトは大きな痛手を受けることが予想されます。

amazonのアフィリエイトは2012年8月にCDやゲーム関連の報酬が引き下げられたばかり。こう連続して、アフィリエイト報酬が下げられるASPは使うのが不安です。

まぁ、私はあまりamazonアフィリエイトに力を入れて使っていないので、損害はありませんが、ASPのさじ加減で収入が下がるアフィリエイト収入は、実に不安定なものなんだなぁと感じます。

何かのアフィリエイトサイトに、「アフィリエイトは不安定だから、1つの広告主に依存するな!1つのASPに依存するな!収入源とASPを分散させろ!」というようなことが書いてありましたが、大手ASPの報酬引き下げなどを目の当たりにすると、確かにそのとおりだと思います。

アフィリエイトの場合、今稼いでいる広告主がいきなり報酬を下げてくることもありますし、突然の撤退もあり得ます。

「先月稼いでいたエースの広告主が今月になってアフィリエイトから撤退・・・」

「1件5,000円の報酬額が1件3,200円に・・・」

アフィリエイトではこのようなケースは普通にあります。なので、アフィリエイト収入を特定の広告主に依存していると、痛い目に合います。

ネットは変化激しい戦場。環境の移り変わりに対応できるよう、1つのASP、広告主に依存しない、アフィリエイト戦略が必要なのかもしれません。

ASPからの収入を分散させ、常に新しい広告主をピックアップしておく。今稼いでいるサイトであれ、ここは常に意識したいものです。

○ポイント

・1つのASPだけでアフィリエイトをしない。

・1つの広告主に依存しない。稼ぐ広告主を複数用意しておく。

・突然の報酬ダウンに対応できるよう、新しい広告主を常に探す。

2013年12月18日追記

2013年12月18日、再度Amazonアソシエイトの規約が変更され、一部ジャンルの報酬額が大きく下方修正されました。一部のアフィリエイトブロガーには大きな影響が出ると思われます。

アフィリエイトは、報酬額が突如変更されるリスクは常にあります。アフィリエイトをするなら、1つの広告主だけに依存しない体制を作っていきたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする