同じ広告主でもASPによって報酬額&承認率が違うという話

売上会議

よく言われるアフィリエイトの裏話に、「同じ広告主でも、ASPによって報酬や承認率が違うのではないか?」という話があります。

この話は某掲示板で耳にした話ですが、私の経験上、このうわさ話は本当のように思います。

報酬の違いについて

まず始めに報酬額の違いです。

A8やVC、アクセストレード、様々なASPを利用して、広告主の報酬をチェック。すると、広告主ASPによって報酬額が違うケースがあるということに気づきます。

・広告主A

ASP1→商品購入1件5,000円

ASP2→商品購入1件7,000円(私は特別単価で9,000円に設定してもらっています)

・広告主B

ASP1→商品購入1件7,000円

ASP2→商品購入1件9,500円

このような具合、ASPによって成果報酬額が違うことがあります。

アフィリエイトの成果を高めるため、広告主と提携する場合、複数のASPでチェックして、報酬額を確認するのがオススメです。報酬額が良いことにこうしたことはないので。

どのASPも同じ条件で出稿している広告主もいます。)

承認率の違いについて

報酬額だけでなく、アフィリエイターには重要な承認率も、広告主によって違うという話です。

あるアフィリエイターの話です。

「A社の広告とX社(中規模のASP)で提携。10件ほど成果を獲得したが、ほとんどキャンセルされた。そこでY社(大手)を変更したら、承認率がぐーんと伸びた。」

このような経験はよくあることで、私も、実際にこのような経験をしました。

あるASPでアフィリエイト提携した広告主の承認率があまりにもよろしくないため、別のASPに乗り換え。すると、なぜか承認率がアップ。

一体なぜそんなことが起こるのか不思議でなりませんが、そういう現実があるのも事実

ということで、複数のASPに出稿している広告主の場合、報酬額や承認率を比較して、一番良いASP経由で掲載するのが一番です。

最後に

アフィリエイトで儲けを出すためには、成果を獲得するだけでなく、成果が広告主によって承認される必要があります。

承認率もASPによってまちまちで、同じ広告主を扱うにしても、ASPによって承認率が変わる場合もあります。

成果を獲得してもなかなか承認されない広告主は、もしかしたら、別のASPに変更することで、承認率が変わるかもしれません。

いろいろ工夫して、より成果が確定する方法を、試行錯誤していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする