ワードプレスで1年間アフィリエイトをして気づいた5つのこと

wp公式サイト

私は長年、ホームページでアフィリエイトをしてきました。

メインに稼いでるのはホームページビルダーで作成したサイト、シリウスで作成したサイトですが、あるとき、

「ワードプレスならアフィリエイトが便利にできるよ!」

という話を聞き、ワードプレスでのアフィリエイトに挑戦。

このページでは、私がワードプレスでアフィリエイト1年取り組んで気がついた5つのことをまとめました。

「アフィリエイトをしたいが、ホームページでサイトを作るのがよいのか、ワードプレスの方がいいのか、どちら?」という方は、参考にしてみてください。

1・サイトの作成が簡単

ワードプレスは最初のサーバーへの導入がめんどくさいですが、それが終われば、記事を書くだけで、サイトを作ることができます。

サイトのデザインは、アフィリエイト向けの有料テーマ(デザインのひな形)を購入して利用すれば、すぐにオシャレで実用的なサイトができます。

無料のテーマもたくさんありますが、アフィリエイトで稼ぐためには、自分でカスタマイズする必要があります。)

なので、基本ワードプレスでのアフィリエイトは、記事を書いていくだけでOK。ホームページのように、リンクの導線を考えたりする必要はありません。

2・サイトの更新と管理が楽。

ワードプレスでアフィリエイトサイトを作って1番実感したのがココ。ともかくサイトの更新が楽です。

ホームページにありがちなカテゴリのテキストリンクの変更、配置の変更、ワンプッシュで簡単。

ホームページの場合、サイトを微調整しようとすると、面倒な手作業が必要ですが、ワードプレスはそこがとても楽。

デザインの変更、サイトの更新もすぐできるので、サイト運営でストレスがありません。記事を書くことだけに集中できます。

3・ホームページに比べアクセス発生が早い。

個人的な感想ですが、ワードプレスのサイトは、なぜか初期段階でもアクセスが発生しやすい気がします

ホームページの場合、サイトを立ちあげて3ヶ月程度は全然アクセスが集まりませんが、ワードプレスの場合、サイト公開1ヶ月程度で、1日30程度は集まります。

短期集中で勝負するなら、ワードプレスの方がいいかも。

4・放置サイトには向かない。

ただ、思うのは、ワードプレスは放置しているとアクセスがガタ下がりします。

更新を前提としたイメージで、更新すれば問題ないですが、1週間、2週間と放置していると、アクセスアップが期待できない印象です。

ただ、更新頻度が高いサイトを作るなら、ワードプレスが良い感触。更新すればするほど、アクセスが集めやすい印象です。

5・1年単位で見たら稼ぎやすさは同じ。

肝心のアフィリエイトの稼ぎ易さですが、1年単位で考えると、ホームページと違いはないように思います。

ワードプレスだからといって、格段に稼ぎやすくなるわけではなく、結局良いサイトさえできれば、あとは好みと目的次第。

ホームページでもワードプレスでも、どちらでもいいと思いました。

まとめ

アフィリエイトは稼ぐことが重要。そのために、ホームページかワードプレスか、どちらでアフィリエイトするのか。

そこが問題なのですが、サイトの作りやすさ、更新の楽さはダントツワードプレスが楽でした。

ホームページの場合、シリウスのような専用のアフィリエイトサイト作成ツールを使わない限りは、更新の楽さ便利さはワードプレスがダントツ。

ただ、ワードプレスで放置サイトは難しいところがあるので、

・ガンガン更新するメインのサイトはワードプレス

・たまに更新する程度の基本放置サイトはシリウスなどで作る

など、サイト作成ツールの使い分けが良いと思いました。

ワードプレスの場合、サーバーに注意しないと重くなってしまうこともあります。

「アフィリエイトは絶対ワードプレスで!」などと決めることなく、作るサイトの規模や更新頻度で、適切な手段を選択するのが一番だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする